関係を修復するために

何か予兆があった場合、それを察知することができ、それがどんな原因からきているものなのかも見つけることができました。
そして、その原因がすべて自分によるものだった場合、次にどうするべきでしょうか。
その時点で、面倒だからと思ってことを終わらせてしまうのでは、その時点で何も変わりません。
どうしたいかを考えて、相手と関係を修復したいのであれば、その問題点から改善していく必要があります。
それは、相手との関係を修復するためでもあり、そして自分自身のために役立つことでもあるのです。
もし、この出会いそのものは終わってしまうことになっても、また次に同じ間違いをしないとも限りません。
次の出会いを成功させるためにも、一度見つけた問題点に関しては徹底的に治していく必要があります。
自分の短所や悪いところだと思えるところは、徹底的に改善をしていくようにしましょう。
出会いには時間とお金がかかりますので、それを無駄にしないためにも必要な考え方です。
できるだけ努力をすることで、かけた労力が無駄な浪費とならないようにする必要があります。
もしまた同じような状況になったときに、同じ間違いをしないと確信を持っていえるでしょうか。
そうではない場合には、やはり改善が必要であり、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。
小さなプライドで相手に意地を張り自分の問題点を認めることができないままでは、いつまでもそれは変わりません。
少し気持ちを切り替えるだけで、自分の問題点を改善することができてしまうのです。
もちろん、いくら自分の問題を改善しても、相手との関係が変わらないということもあります。
そのときには、相手に執着しすぎるようなことなく、いさぎよくその場を去るようにしましょう。
あまり一人の相手に執着しすぎてしまうと、それによって時間を奪われてしまい、次の出会いへの支障になることもあります。
気持ちをうまく切り替えて次の相手を見つけたほうが、出会いの効率としては高くなると考えたほうがいいかもしれませんね。